GOSTO COFFEE
HOME 会社概要 ログイン カゴ

ゴストコーヒーでは、美味しく焙煎されたコーヒー豆や無焙煎豆を通信販売しております。

0120-54-1013 gosto@icek.co.jp
コーヒーの歴史
ブレンドコーヒー ストレートコーヒー お試しセット ご利用案内 会員登録 特定商取引法

資料請求
自家焙煎コーヒーの魅力
珈琲豆販売の現状
オンデマンド焙煎
焙煎機の特長
ゴストーの焙煎機とは
タッチパネルで簡単操作
自家焙煎のコーヒービジネス
独立開業・代理店契約でコーヒービジネス参入
焙煎機導入条件
焙煎機導入店舗一覧
How to コーヒー
コーヒーの歴史
コーヒーのマナー
Delicious 珈琲
インスタントコーヒーとの違い
コーヒーメーカー
オリジナル焙煎機
ショップ
語洲燈珈琲 直売店
語洲燈珈琲スズラン前橋店
インフォメーション
NEWS
会社概要
お問い合せ
特定商取引法に関する表示
個人情報の取り扱い
ショッピングインフォメーション
ご利用案内
送料・返品について
会員登録
メンバーログイン
お買い物カゴ
インフォメーション
0120-54-1013
gosto@icek.co.jp
お問い合わせ
会員登録
ホーム > How to コーヒー > コーヒーの歴史
コーヒーの歴史
コーヒーは、エチオピアのアピシニア高原が原産で、紀元前には携帯食として扱われていました。

9世紀頃には、医学者などが記した文献によると、民間療法などでコーヒー豆を使用したということが判明しています。

その後、コーヒーはイスラム神秘主義教団による
修行時に使用する覚醒飲料として15世紀頃から
16世紀にかけてコーヒーは飲用されていました。
その後、17世紀初め頃、地中海世界の過半を覆いつくす世界帝国であったオスマン帝国により
ローマに持ち運ばれたと言われています。

当初、ヨーロッパでは健康に害する飲み物とされていましたが、当時のローマ教皇がコーヒーに洗礼を施し
キリスト教徒が飲用できることを認め、ローマ近郊地域の上流階級から中流階級に広まりカフェなどが多く
立ち並びました。
また、17世紀中頃のイギリスではコーヒーブームに火がつき、18世紀初めまでに約2,000件〜8,000件が立ち並ぶコーヒーハウスが存在しました。

現在ではコーヒーの大量消費国であるアメリカにも、17世紀中頃に持ち込まれたといわれています。
その後、18世紀後半頃のアメリカ東海岸は紅茶の飲用を主流としていましたが、イギリスが茶に重税を
課したことにより、アメリカ独立革命の象徴的事件といわれるボストン茶会事件が起こりました。
この事件をきっかけに、アメリカの主流飲用水がいままでのお茶からコーヒーに変わり、現在に至っていると
言われています。



代理店募集
情報満載!メルマガ登録! 全国送料無料
当店では代金引換でのお支払となっています。


・基本的にヤマト運輸でのお届けとなります。
 大変申し訳ございませんが、ご指定は頂けません。
・1配送先につき、送料は一律540円(税込)です。
 また、3,000円(税込)以上のご注文で送料は無料に
 なります。
店舗情報
ゴストーコーヒー
〒372-0048 群馬県伊勢崎市大手町26-2
営業時間 9:30 - 18:00 定休日 毎週水曜日
年末年始・大型連休・夏季休業など臨時休業あり
0120-54-1013gosto@icek.co.jp
PAGE TOP



copyright